運用についてABOUT PRACTICAL USE

いちよしアセットマネジメントのESGに関する考え方

 かつて企業の多くは、市場拡大による利益の追求を最大の目的として、それに向けた取り組みに対して経営資源を集中させてきました。しかし社会や経済が成熟した今日では、ステークホルダーを中心とした対外的な影響に対する考慮なくして、長期的な成長は難しくなるとみられています。そのため近年では、企業活動を行うにあたり、重要な『環境(Environment)』、『社会(Social)』、『ガバナンス(Governance)』への取り組み(ESG)が注目されるようになりました。
 こうした潮流は、企業へ投資を行う資産運用業界においても例外ではありません。2006年に国連にて責任投資原則(PRI)が発足して以降、ESGの課題を投資の意思決定に取り込むことが提唱されてきました。2015年9月には「国連持続可能な開発サミット」開催、国連総会で国連加盟193ヵ国全てが「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」を採択、より具体的な目標を掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」が発足しました。
 いちよし証券グループでは、ESGなどの考え方が広まる以前の2006年に『クレド』を制定し、全役職員の共通の価値観の源「社員のために」「お客様のために」「株主のために」「社会のために」と各ステークホルダーに対する誓いを表明しております。
 当社は、長年に渡り、日本の中小型・新興市場を中心とした成長企業への投資を通じて、持続可能な社会形成に向けた支援を行ってまいりました。これからも、株式市場を通じて、よりよい未来づくりを担う中小型成長企業を発掘し、応援していくことが当社の社会的な使命だと考えています。

ESG投資に関する基本方針

  • 企業のESGに対する取り組み状況についての判断にあたっては、当社運用部門における調査の他、いちよし経済研究所のリサーチ情報を活用します。
  • 成長企業におけるESGへの積極的な取り組みは、「事業機会の拡大」、および「事業リスクの低減」に繋がると考えており、投資先企業に対してESGを中長期的な経営目標に反映するよう働きかけてまいります。
    また、レポート等を通じて、各社のESGに関する取り組みについて適宜情報開示を行ってまいります。
  • 当社の投資哲学は、継続性と一貫性のある企業リサーチによる、企業の中長期的な利益成長を重視した運用を行うことであり、ESG評価が優れた企業のみに絞った投資を行うわけではありませんが、ESG評価とファンダメンタルに基づく評価は密接な関係にあり、両者を偏ることなく分析・評価することが中長期的な収益獲得に繋がると考えています。

当社のESG推進についての管理体制

 当社は、投資の意思決定におけるESGの観点が重要なファクターであることを踏まえ、投資意思決定機関である投資政策委員会において、随時、責任投資および持続可能な投資を議論する場を設けております。また、当社は、受託者責任を果たすため、日本版スチュワードシップ・コード(責任ある機関投資家の諸原則)の趣旨に賛同し、その実現のための方針および活動概況を公表しています。
 当社は、「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」という、いちよし証券グループの経営理念の下、「お客様第一主義の徹底」、「お客様に信頼される資産運用会社」および「法令遵守と社会的責任」を柱とする当社経営理念の実現に向け、更なる体制強化に努めます。

HOME
PAGE TOP